上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
「高砂義勇兵慰霊碑」移設と落成記念式典
日本統治下の台湾で太平洋戦争に日本兵として出征した先住民出身「高砂義勇兵」の戦没者を祭る英霊慰霊碑の移設と落成を記念する式典が八日、台北郊外の烏来(ウライ)郷で、前総統の李登輝氏や日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所の池田維代表など、約百人の日台関係者が参列して行われた。

 慰霊碑は遺族らの手で一九九二年に烏来郷に建立されていたが、二年前に地権者に撤去を求められた。その窮状を伝えた産経新聞の記事をみた読者などから三千二百万円を超える義援金が寄せられ、日台関係者の支援により代替地への移設と再建作業が進められた。

 碑文に「霊安故郷(英霊は故郷に眠る)」と揮毫(きごう)している李氏は、「日本の人々の善意が台湾に届き、台湾の英霊を追悼し遺族を慰めた。慰霊碑には悲しい歴史を成長に切り替える力がある」として再建立をたたえた。

参考サイト:
高砂義勇伝[異国で眠る皇国の戦士]
台湾「高砂義勇兵」慰霊碑“撤去”の危機 敷地提供会社が日本人観光客激減で倒産

大東亜戦争時代、日本軍として戦った台湾先住民の方々の慰霊碑が、日本からの多くの基金によって、撤去の危機を乗り越え、無事に移設&落成です。戦争当時、日本が高砂義勇軍の皆様から受けた恩を思えば、まだまだ恩返しし足りないことでありますが、高砂義勇軍の存在を現代の人々に知ってもらえる、意義のある大きな出来事だと思う。本当に嬉しい。バンザーイ!!

落成式に李登輝前総統が来てくださって、元気なお姿を拝見できたことも嬉しい。李登輝氏に対して日本(の外務省)は失礼な事ばかりしていて、申し訳なく思っていたが、今回の事で、「外務省=日本人の総意」ではないということをきっと体感していただけたのではないかと思う。(いやいや、李登輝氏は最初っから分かってくれてるはず)

台湾に眠る英霊達に敬礼。
畏れ多き事ながら、いつか、この慰霊碑に、天皇陛下の御幸があることを願っております。
日台共栄万歳!

こちらにも詳しく載っております。
【音静庵】
アジアの真実
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。