上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
なんという素晴らしいニュースだ。いや当然の判決なのですが。
朝鮮会館の課税減免措置は違法、救う会熊本が逆転勝訴
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関連施設「熊本朝鮮会館」に対する固定資産税と都市計画税の減免は違法として、拉致被害者の家族らを支援する「救う会熊本」の加納よしひろ会長(52)が、幸山政史・熊本市長を相手取り、2003年度の減免措置の取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決が2日、福岡高裁であった。

 中山弘幸裁判長は「朝鮮総連による会館の使用は公益性がなく、減免措置は違法」として、原告の請求を棄却した1審・熊本地裁判決を変更、原告の請求を認める判決を言い渡した。

光の速さで、「救う会熊本」の加納会長宛てに、「よくぞやってくださいました&おめでとうございます」メールを出しました。(ここから拾いました )

福岡地方裁判所が「首相の靖国参拝は違憲」という見解を示したり、人権擁護法案を通そうとする運動が盛んだったりと、福岡人としては、全国の皆様へ対して大変申し訳なく、また肩身の狭い思いを抱いておりました。しかし、この件で、少しは福岡の名誉が挽回できたのではないかと思っております(笑)。
全国の自治体は、ぜひとも、今回の福岡高裁の結果を今後の参考としていただきたいです。
******
ところで都知事が東京に国営カジノ作ってパチンコ店を一掃してしまう日はいつ来るのだろう。
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。