上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
元寇
作詞・作曲 永井健子
明治二十五年


四百余州(しひゃくよしゅう)を挙(こぞ)る 十万余騎の敵
国難ここに見る 弘安四年夏の頃
なんぞ怖れんわれに 鎌倉男子あり
正義武断の名 一喝して世に示す

多々良浜辺の戎夷(えみし) そは何 蒙古勢
傲慢無礼もの 倶(とも)に天を戴かず
いでや進みて忠義に 鍛えし我が腕(かいな)
ここぞ国のため 日本刀を試しみん

こころ筑紫の海に 浪おしわけてゆく
ますら猛夫(たけお)の身 仇(あだ)を討ち帰らずば
死して護国の鬼と 誓いし箱崎の
神ぞ知ろし召す 大和魂いさぎよし

天は怒りて海は 逆巻く大浪に
国に仇をなす 十余万の蒙古勢は
底の藻屑と消えて 残るは唯三人(ただみたり)
いつしか雲はれて 玄界灘 月清し
-------------
「四百余州」とは中国の事らしい。
明治の歌は歌詞が美しいので大好きです。特にこの歌の歌詞は美しい上にものすごくカッコよくて燃えます。森繁爺ちゃんが歌う荘厳な感じも良いけど、行進曲の曲調の方が好きです。

この歌にも出てくる箱崎の神宮本殿には、亀山上皇筆と伝えられる「敵国降伏」という額が掲げられております。ありがたいありがたい。

ところで、西村眞悟氏は、玄界灘を臨みながらこの歌を大声で歌ったことがあるらしい(こちらで読めます)。なんてカッコいいんだ。私もいつかやってやるぜ。
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。