上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
11月23日、福岡憂国忌に行ってまいりました。
神主さん達による祝詞奏上などの神事の後、憂国忌式典がありました。色々ためになるお話が聞けて勉強になったですよ。

会場で一番盛り上がったのは、「国立追悼施設を考える会」に入っている九州の議員の名前が読み上げられた時ではなかろうか。なぜかあの会は、議員名リストの公表を渋ったらしいです。なんでだろうな~。公表されて何を困ることがあるというのか?堂々としていればいいじゃんニヤニヤ。
拓はもちろん会長なので真っ先に読み上げられました(拓よ…orz)。名前が読み上げられる度に、会場のあちこちから「ほほぉ~」「ははぁ~」みたいな声が上がってました(笑)。
ちなみに拓は祝電披露の時でも真っ先に読み上げられててワロタ

右翼の人達や街宣車をたくさん見られるかとちょっと期待して行ったのですが(期待すんなよ!!)、一台しか見かけませんでした。ちなみに、去年行った時は一台も見かけなかったような覚えがあります。うーん、そんなものなのか…?

個人的には皇居遥拝&国歌斉唱が良かった…!あと三島・森田両烈士と英霊に対して黙祷する時間は、大和沈没を伝えるニュースの音声と大砲の音が流れたのですが、あの時間はほんと涙が出そうでした。(あと天皇陛下への万歳三唱があれば最高だった…)

主催者の皆様、集まった皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。あと一緒に行ってくれたNさんありがとうございました。
三島由紀夫・森田必勝両烈士のご冥福をお祈りいたします。

こちらに当日の詳しいリポートがあります。
パブリックリレーション研究BLOG
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。