上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
皇国の守り(来たれや 来たれ)
作詞者 外山正一 作詞者 伊沢修二

来たれや 来たれや いざ来たれ
皇国(みくに)を守れや もろともに
寄せくる敵は 多くとも 恐るるなかれ 怖るるな
死すとも 退く事なかれ 皇国のためなり 君のため

勇めや 勇めや みな勇め
剣(つるぎ)も 弾丸(たま)も なんのその
皇国を守る つわものの 身は鉄よりもなお堅し
死すとも 退く事なかれ 皇国のためなり 君のため

守れや 守れや みな守れ
他国の奴隷と なることを
怖るるものは 父母(ちちはは)の 墳墓(ふんど)の国を よく守れ
死すとも 退く事なかれ 皇国のためなり 君のため

進めや 進めや みな進め
皇国の旗をば おし立てて
進めや 進めや みな進め 先祖の国を 守りつつ
死すとも 退く事なかれ 皇国のためなり 君のため
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。