上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
宮崎の東国原県知事が、外国人特派員協会の会見で、「従軍慰安婦が存在した確証はない」と発言したそうです。

The Japan Times Onlineのニュースサイト(英語)に載っているそうです。
Gov. Sonomanma: What sex slaves?

英語読めねえよ。というわけで、Yahoo!翻訳 - ウェブ翻訳に突っ込んでみたけれども、これでもイマイチよく分からない…
しかし、以下のようなwebニュースを見つけました。

東国原知事が慰安婦問題で「強制の確証ない」
【PJ 2007年03月16日】-宮崎県の東国原知事が3月14日(水)、都内の外国人特派員協会での記者会見で「従軍慰安婦問題」について見解を問われ、きっぱりと我が国政府の責任を否定した。(The Japan Times online Thursday,March15,2007 )

 「従軍慰安婦が実際に存在した歴史的確証がない。強制的な慰安婦が存在したかどうかは客観的に確かめられなければならない。両国合意の上で朝鮮半島は日本に併合され、1910年から1945年の間、合法的であった売春婦が日本に出稼ぎに来るのに、何の問題もなかった。今頃になって韓国は日本に植民地支配され、慰安婦を強制されたと言っているが、戦勝国アメリカの力を借りて言っているだけ」。

 アメリカ・韓国・中国のマスコミが大問題にしている安倍首相の「慰安婦になることを強制した事実はない」という発言について、これだけ明確な見解を述べた政治家は少ない。日本のマスコミは、何故この発言を採り上げないのか分からないが、自分たちで作り上げたイメージが壊れるのを恐れてのことだろうか。テレビや新聞でも報道されていたのは、安倍内閣の支持率低下に言及した「国民の体温を感じていないのでは」という指摘だけだった。

 タレント出身と軽く見られがちな東国原知事は、意外にも骨っぽい見識を持った政治家かもしれない。今後も、この人物の言動には目が離せない。【了】

ウ~ム…やるじゃありませんか!!
宮崎県庁へのグッジョブコールはこちらへどうぞ。
宮崎県:県民の声トップページ

こういう事を言うのが、首相である安倍ちゃんではなく、地方の県知事であるというところは情けないですけれども…
ぜひともマスコミや野党の皆さんは、東国原知事のこの発言を、柳沢大臣の「女は産む機械」並みに大々的に扱って、けしからんとドンドン突っ込んで欲しいです。だって突っ込めば突っ込むほど真実が明らかになっていきますから。
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。