上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
日本再生ネットワークのメルマガより。
---------------
※下記の記事は、産経新聞の昨日の大阪朝刊にのみ掲載されていました。

◆土産「竹島ものがたり」商標登録 特許庁、一転認める

 (産経 07/1/30)

 日本固有の領土・竹島(島根県隠岐の島町)を冠したまんじゅう「竹島
ものがたり」をめぐり、「日韓両国に無用の混乱を招く」として商標登録
を認めていなかった特許庁が、一転して登録を認めていたことが29日、
わかった。

 出願者の反論を前に、自ら調べをやり直すことは異例で、同庁は「調査
不足だった」と審査の不備を認めている。

 申請したのは東京の菓子みやげ問屋「大藤」で昨年12月下旬、日韓両
国に混乱を招くため商標登録できないとする拒絶理由通知書を特許庁から
受け取っていた。

 通知に対する反論の意見書は1月末が提出期限で、同社が反論の準備を
進めていたところ、29日までに登録を認める「登録査定」が送られてき
た。

 登録査定には「拒絶の理由を発見しない」として、「登録すべきものと
認める」と当初と異なる内容が書かれていた。
takeshimamonogatari.jpg当然ですな。以前、特許庁が「竹島ものがたり」の登録商標を認めないというニュース(混乱招く…「竹島ものがたり」商標登録を拒否)を知った時に、特許庁に「特許庁は外交問題を考える機関ではない。また仮に考えたとしても外務省は明確に『竹島は日本固有の領土』という見解を発表しているのだからそれに倣うべき」みたいなご意見メールを送った身としては大変嬉しい事です。(ヘタレだからメールしかできない)

電話突撃なさった方のレポートはこちら。
この国は少し変だ!よーめんのブログ : 電突 竹島問題で特許庁

12個入り、840円で、問合せは、隠岐特産センター(電話08512-2-0787)。ぜひとも購入してみたいです。

↓竹島ものがたりってどんなお菓子?と思われた方はこちらをどうぞ。
竹島まんじゅう誕生…ようじで作った日本国旗入り
 仕掛け人は「純ちゃんまんじゅう」シリーズを手掛けた東京の菓子みやげ問屋「大藤」の大久保俊男社長(58)。地元のみやげ会社と協力して開発した。
 「ただのまんじゅうではつまらないから国旗を入れてみました。少しの主張も込めて。1000箱に1箱、韓国の国旗を入れようとも考えたんですが、さすがにやめておきました」
 韓国から批判が出る可能性については、「こんなことで目くじらたてないと思います」と余裕の表情を見せる。

社長、いいなあ(笑)。彼らのあまりの下劣さに、ついこちらも我を忘れてしまいがちですが、社長みたいにクールにユーモアを以って対応したいです。
スポンサーサイト
2007-02-01 Thu | 竹島問題 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。