上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
防衛省スタート 首相、記念式典で訓示
首相は「防衛省を発足させることができたことを首相として誇りとする。国防と国際社会の平和に取り組むわが国の姿勢を明確にすることができた」と、省昇格の意義を強調した。
内閣府の外局だった「防衛庁」が、独立した一つの省に昇格、「防衛省」になりました。防衛庁だった頃は、様々な手続きは総理府を通じて行なわれていたのが、主任の大臣を置く省に昇格する事によってそれが簡素化された、予算が直接請求できるようになった、直接閣議を開くことを求めることができるようになった、海外活動が本来任務になった…などなどのメリットがあるようです。(・アジアの真実 :本日「防衛省」発足 ~”戦後”からの脱却の第一歩として~より一部引用)
国の防衛は国家が存在するためにはとても重要な機関ですから、今回、それにふさわしい位置に昇格したことは喜ばしい事だと思います。
あとは憲法改正、スパイ防止法作成など、まだまだ問題山積みの国防問題ですが、この件に関しては安倍首相には期待しています。(エシュロンにも参加させて欲しい)

早く、不当に国民を拉致されたり領土を犯されても泣き寝入りしない、まともな独立国家になりたい…と常々願っている私にとっては、とても嬉しいニュースです。(正直、「自衛隊」の呼称だって、「自衛軍」に変えるのどうのって話がありますが、「日本軍」でいいじゃねえかと思ってます)
すぐ隣では、独立国家に軍事介入してその国の僧を撃ち殺したり妊娠した女性を堕胎させたり政権を批判しようものならしょっぴいて殺して臓器を売りさばいたりとか、平気で日本の領土・領海侵犯したり日本の国旗を焼いて踊ったりとか、政権を批判した記者を毒入り寿司で殺すとか、なんかそんな事ばっかり起ってるんだもんなー…。話が飛躍するけれども、日本が軍事的に強大な力を持つ事は、不穏な極東情勢を制定する事に一役買うと思う(日米安保条約の存在も大きい←これはこれでどうかとも思うけど)。

↓これなんかちょっと感慨深いですねえ。仮看板らしいですが。
掛け替えられる防衛庁正門の看板

ところで防衛省のサイト(http://www.mod.go.jp/)がつながらない…w。

防衛省の皆さん、自衛隊の皆さん、いつも我々国民の安全のために働いて下さってありがとうございます!
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。