上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
肇国(はつくに)の歌

文部省唱歌
初等科音楽(六年生用)


豊葦原の中つ国
行きてしらせよ 栄えよと
宣(め)らせ給へり 大神(おおみかみ)
げに天壌(あめつち)と窮(きわ)みなし
天津日嗣ぞ 神(かん)ながら

くしふる峯や高千穂の
雲押し分けて 皇孫(すめみま)は
天降(あも)りましけん その日向(ひむか)
げに海山とかぎりなき
慈(めぐ)みあまねく 代々坐(よよざ)しき

ああ橿原(かしはら)に宮居(みやい)して
一つの宇(いへ)と おほらかに
御稜威(みいつ)い照らす 八紘(あめのした)
その肇国のいにしへを
今に仰ぎて 大東亜
------------
今日は建国記念の日。戦前までは紀元節と呼ばれていました。

肇国(初国)とは、初めて造った国という意味。
日本神話に基づいて日本の成り立ちを歌っています。
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。