上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
「日の丸・君が代」の強制者を告訴・告発する会に、メールしてみました。
kokukoku@dolphin.ocn.ne.jp

・教師=公務員とは、国から給料をもらって公務を執行するために存在するはずだが、その公務員が個人的な思想・主義に基づいて、公務の執行の決定を決める事ができるのなら、民主主義が破綻するのではないか?
・公務員の立場でありながら、都の命令を強制だと主張するなら、なぜ公立教員を辞めて私立に行かないのか?(本当に私立に行かれても困りますが)
主旨としてはこんな感じです。あと「あなた達のやっている事は職務放棄で即解雇対象となると思うが、そのような姿を子供達に見せるのは教育上良くないのではないか」みたいなこともw。
返事来たらスゲーな

今回の東京地裁の裁判長は難波孝一という人物。彼は、「日の丸、君が代は、第二次大戦が終わるまで、軍国主義思想の精神的支柱だった」と述べました(Sankei Web > 主張 > 【主張】君が代訴訟 公教育が成り立たぬ判決(09/22 07:00))。この発言からは国のシンボルに対して敬意のカケラも抱いていない事が分かるし、このような極めて個人的な決め付けを、公の裁判の判決に反映するような行為は、およそ裁判長という立場にふさわしくないといえます。
よ~めんさんによると、裁判官の罷免の訴追を行う、裁判官訴追委員会という国家機関があるそうです。
この国は少し変だ!よーめんのブログ 裁判官訴追委員会に電話しました
日本国民ならば、誰でも訴追請求する事ができるようです。これに関してはまだ自分自身よく手続法とかがよく分かっていないので手付かずですが、動けるならばやりたいです。
訴追請求の仕方
これで仮に彼を罷免できたとしても、また第2第3の難波孝一氏が出てくるのだろうと思いますが、それでも出てくるたびに一つ一つつぶしていかなければならないな、と思います。

あと東京都教委に、「敗訴は残念だ。今回の判決に大変憤っている」みたいなメールも出してみました。
あなたの声をお寄せ下さい 東京都教育庁総務部教育情報課

慎太郎兄貴は…応援の意をわざわざ表明しなくてももう戦う気満々ですねww
石原都知事、君が代斉唱通達への違憲判断に控訴方針
 東京都の石原慎太郎知事は22日の定例記者会見で、君が代斉唱などを義務づける東京都教育委員会の通達を違憲とした21日の東京地裁判決について、控訴する方針を明らかにした。

---------------
それにしても、「日の丸・君が代の強制者を告訴・告発する会」のような団体の存在を知るにつけ、親御さん達が子供を私立に行かせたがる気持ちが分かります。保護者にしてみれば、偏った思想の持ち主に自分の子供を預けたいとは絶対思わないですよね。同会に所属している教員のリストが公開されれば、子供が入学する学校の取捨選択に役立つんじゃないかな。

あと最後に、小泉さんはやっぱ爽快だなー
国旗・国歌義務化は違法 都教委通達、思想良心の自由侵害 東京地裁判決
小泉純一郎首相は21日夜、東京地裁が国旗への起立と国歌斉唱を教職員に求めた東京都教委の通達などを違法と判断したことについて、「判決は聞いていないが、人間として国旗や国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題ではないか」と指摘した。さらに「裁判でよく判断していただきたい」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

さすが小泉さん、いつもスカッとすることを言ってくれる! そこにシビれる! あこがれるゥ!
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。