上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
親王殿下のお誕生を、心よりお祝い申し上げます。
とりあえず東の空に向かって万歳三唱しました。
親王様は、紀子様のお腹に宿った瞬間から、ある意味日本を救った存在(皇室典範を女系容認の方向で改正させようと急ぐ勢力を黙らせたから。旧宮家復活の方向での皇室典範改正は必要だけど)。そして41年ぶりに、第3位の皇位継承資格を持つ親王殿下としてこの世にお出ましになられた。なんというか、2660年続いたゆるぎない皇統というものの磐石なる存在を実感しました。

紀子様がご懐妊なさった頃の、西村幸祐氏のコラムを思い出した。
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -清冽な一撃  雅は敵を撃つ
日本浪曼派の詩人、蓮田善明が、かつてこんな言葉を遺している。
「雅(みやび)は敵を撃つ」
荒々しい「もののふ」の「益荒男(ますらお)ぶり」だけが敵を撃つ力を持っているのでなく、あえかな手弱女(たおやめ)ぶり、つまり、女性的な優雅さにも破壊力があるという、極めてアイロニカルな美しい言葉だ。唯美的なアフォリズムと言ってもいいのだが、それが実際に現実のものとして、「雅が敵を撃つ」瞬間を目の当たりにできるとは想像もできなかった。


下の勝谷氏の言葉にも同感。
さるさる日記 - 勝谷誠彦の××な日々。
私たちがこの世から消えても失われないものが大和岩根にはあるのだというこの感触を覚えておかなくてはならない。

(「大和岩根」ではなく「大和島根」でしょうか)

常日頃、日本解体・日本乗っ取りを狙う色んな勢力の攻撃を目の当たりにしますが、皇室とは、そんな輩などものともしない大きな畏れ多い存在なのだなあと思いました。
紀子妃殿下万歳!!
親王殿下お誕生万歳!!
天皇陛下万歳!!
皇統の永久の弥栄をお祈りいたします。
スポンサーサイト
2006-09-06 Wed | 皇室関連 | TrackBack:0 | Comment:2 | Top↑
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。