上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
首相の靖国参拝 同友会が自粛提言
 経済同友会は九日、首相の靖国神社参拝について、日中関係改善のために「再考が求められる」として参拝の自粛を求める提言を採択した。
(略)
 提言は日中関係を改善するため、相互理解や相互交流の促進など四つの提言を盛り込んだ。

「首相が靖国参拝を続ける→中国の反日感情が高まる→(自分達が行っている日中間での商売がうまくいかなくなる→)靖国参拝を止めろ」ってことですか。あそこの国が叫んでる靖国問題なんて、単にお金をもっと引き出すための言いがかりでしかない。あんな稚拙な恫喝になびき、手先となって自国を攻撃するとは、なんともあきれた人達だ。こういうのを売国奴というのだろうな。

とりあえず経済同友会のサイトに飛んで、「今後の日中関係への提言」をちょこっと読んでみました。
・旧来の「日中友好」を超える新たな基本理念
・過去の反省と相互理解に基づく『未来志向の新日中関係』
・日本も過去に対する謙虚な反省の上に立って、中国政府・国民にその気持ちが正しく伝わる行動を続けなければならない。

もうお腹いっぱいでこれ以上読めません。ありがとうございました。
でも以下の文章にだけは大いに同意するものであります。
更に、中国政府が進める「歴史教育」「愛国教育」については、それが客観・公平に行われるよう希望するとともに、日本においても、近現代史の教育を充実させ、若者に過去の戦争という事実を正視させる努力が必要である。

確かに、中国の反日教育は目に余るものがあります。異常です。
また、日本の若者には、従軍慰安婦・南京大虐殺・強制連行などが捏造であること、日本人がかつて戦った「大東亜戦争」が、帝国主義の歴史に終止符を打った大変に意義のある大きな戦いであったこと…などの正しい事実を正視させなければならないですね。

首相!今年こそ、堂々と8月15日に靖国参拝してください(正装で)!待ってます!!!!
スポンサーサイト
2006-05-13 Sat | 靖国神社 | TrackBack:0 | Comment:2 | Top↑
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。