上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
月下の陣
永井健子 作詞作曲
明治二十六年


宵の篝火(かがりび)影失せて
木枯らし吹くや霜白し
夜は更け沈む広野原
駒も蹄をくつろげつ
音なく冴ゆる冬の月
盾をしとねのもののふは
明日をも知らで草枕
夢は何処(いずこ)をめぐるらん

昼の戦い烈しさに
当たるを得手と斬りまくり
思うがままの手柄して
今宵は此処に宿り木の
身はまだ解かぬ鎧下
空ゆく雁に夢破れ
そぞろに思う故郷(ふるさと)の
雲井はるかにかかる月

国を思うの真心は
家をもいかで忘るべき
ただ身ひとつをなき数に
入る峡(さ)の山の月影を
水に掬びて明日はまた
刀の目釘つづくまで
腕によりをば掛け襷
華々しくぞ戦わん
スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。