上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
新渡戸稲造「武士道」(奈良本辰也訳)より
 武士道は、日本の象徴である桜花にまさるとも劣らない、日本の土壌に固有の華である。


本居宣長は、

しきしまのやまと心を人とはば
朝日ににほふ山ざくらばな

とよんで、日本人の純粋無垢な心情を示す言葉として表した。
 たしかに、サクラは私たち日本人が古来から最も愛した花である。そしてわが国民性の象徴であった。宣長が用いた「朝日ににほふ山ざくらばな」という下の句に特に注目されたい。
 大和魂とは、ひ弱な人工栽培植物ではない。自然に生じた、という意味では野生のものである。それは日本の風土に固有のものである。その性質のあるものは偶然、他の国土の花と同じような性質を有しているかもしれない。だが本質において、これは日本の風土に固有に発生した自然の所産である。
 また、私たち日本人のサクラを好む心情は、それがわが国固有の産物である、という理由によるものではない。サクラの花の美しさには気品があること、そしてまた、優雅であることが、他のどの花よりも「私たち日本人」の美的感覚に訴えるのである。私たちはヨーロッパ人とバラの花を愛でる心情をわかちあうことはできない。バラには桜花のもつ純真さが欠けている。それのみならず、バラは、その甘美さの陰にとげを隠している。バラの花はいつとはなく散り果てるよりも、枝についたまま朽ち果てることを好むかのようである。その生への執着は死を厭い、恐れているようでもある。しかもこの花にはあでやかな色合いや、濃厚な香りがある。これらはすべて日本の桜にはない特性である。
 私たちの日本の花、すなわちサクラは、その美しい装いの下にとげや毒を隠しもってはいない。自然のおもむくままにいつでもその命を棄てる用意がある。その色合いはけっして華美とは言いがたく、その淡い香りには飽きることがない。

桜はもともと好きな方でしたが、新渡戸稲造氏の「武士道」を読んでからは、ますます好きになりました。実際、桜がこんなに日本人に愛されているのは、日本人の本質や理想を具現化しているからなのだと思います。
自分自身も、桜のように、何事にも依存したり執着したりすることなく、時あらばすぐに散る心構えでありたいなあ~~などと思ったりして。
バラと桜の対比がおもしろいです。
ちなみに、「西洋人はバラやチューリップなどの一輪咲きの花を愛する『個人』の文化、日本人は桜や藤などの小さい花が密集して咲く花を愛する『集団』の文化」という話もあるそうな。
スポンサーサイト
2006-04-15 Sat | 日記 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。