上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
八月十一日
 天皇陛下は十五名の無雙の忠義者を殺されたのであらふか、そして陛下の周囲には国民が最もきらつてゐる国奸らを近づけて、彼らの云ひなり放題に御まかせになつてゐるのだらふか、陛下、吾々同志程、国を思ひ陛下のことをおもふ者は日本国中どこをさがしても決しておりません、その忠義者をなぜいぢめるのでありますか、朕は事情を全く知らぬと仰せられてはなりません、仮にも十五名の将校を銃殺するのです、殺すのであります、陛下の赤子を殺すのでありますぞ、殺すと云ふことはかんたんな問題ではない筈であります、陛下のお耳に達しない筈はありません、御耳に達したならば、なぜ充分に事情を御究め遊ばしませんので御座いますか、なぜ不義の臣等をしりぞけて、忠烈な士を国民の中に求めて事情を御聞き遊ばしませぬので御座いますか、何と云ふ御失政でありませう
 こんなことをたびたびなさりますと、日本国民は、陛下を御うらみ申す様になりますぞ、菱海はウソやオベンチャラは申しません、陛下の事、日本の事を思ひつめたあげくに、以上のことだけは申し上げねば臣としての忠道が立ちませんから、少しもカザらないで陛下に申上げるのであります
 陛下 日本は天皇の独裁国であってはなりません、重臣元老貴族の独裁国であるも断じて許せません、明治以後の日本は、天皇を政治的中心とした一君と万民との一体的立憲国であります、もつとワカリ易く申上げると、天皇を政治的中心とせる近代的民主国であります、左様であらねばならない国体でありますから、何人の独裁をも許しません、然るに今の日本は何と云ふうざまでありませうか、天皇を政治的中心とせる元老、重臣、貴族、軍閥、政党、財閥の独裁国ではありませぬか、いやいや、よくよく観察すると、この特権階級の独裁政治は、天皇をさへないがしろにしてゐるのでありますぞ、天皇をローマ法王にしておりますぞ、ロボットにし奉つて彼等が自恣専断を思ふままに続けておりますぞ
 日本国の山々津々の民どもは、この独裁政治の下にあえいでゐるのでありますぞ
 陛下 なぜもつと民を御らんになりませんか、日本国民の九割は貧苦にしなびて、おこる元気もないのでありますぞ
(略)
 陛下 菱海は死にのぞみ、陛下の御聖明に訴へるのであります、どうぞ菱海の切ない忠義心を御明察下さります様伏して祈ります、獄中不断に思ふことは、陛下のことで御座ります、陛下さへシッカリと遊ばせば、日本は大丈夫で御座居ます、同志を早く御側へ御よび下さい
********
磯辺浅一…昭和十一年に起こった「二・二六事件」のリーダーの一人。「菱海」とは磯辺自身の事。
このクーデターが鎮圧され、自決者を除いた磯部達決起将校達は、「叛徒」として東京陸軍衛戍(えいじゅ)刑務所に収監される。十七名のうち、磯部と村中を除く十五名が、七月十二日に銃殺死刑となる。磯部と村中は、民間人である北一輝と西田税を裁く目的で、しばらく処刑は延期された。磯部の処刑は、翌年の昭和十二年八月十九日に行なわれる。
死刑執行までに書き綴られた手記は、先に亡くなった十五名の同志の無念や呪詛を代弁するかのように鬼気迫るものである。

磯部浅一辞世

 国民よ国をおもひて狂となり
       痴となるほどに国を愛せよ

 三十二われ生涯を焼く情熱に
       殉じたりけり嬉しともうれし

 天つ神国つみ神の勅をはたし
       天のみ中に吾等は立てり

 わが魂は千代万代にとこしえに
       厳めしくあり身は亡ぶとも

スポンサーサイト
Secret

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。