上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
悠仁さま、きょう1歳に 歯が数本、伝い歩きも
 秋篠宮家の長男・悠仁(ひさひと)さまが6日、1歳の誕生日を迎えた。皇室に41年ぶりに加わった親王は、伝い歩きを始めるなど健やかに成長している。

悠仁様テラカワユス 宮内庁によると、3日現在の身長は75センチ、体重9285グラム。離乳も進み、上下に数本ずつ歯が生えた。周囲が話しかけると元気な声で笑ったり、動きをまねたり。ハイハイで階段をのぼるなど活発に動き回っている。遊びの幅も広がり、長女・眞子さまや次女・佳子さまとピアノの鍵盤に触り、太鼓や木琴を鳴らす。絵本も好きで、表紙から裏表紙まで、自分で繰り返しページをめくって楽しんでいる。

 誕生日前には、天皇、皇后両陛下から宮中独特の「御台(おだい)人形」が贈られた。悠仁さまのお印(高野槇(こうやまき))をあしらった台上に、愛らしい男の子の人形が立ち、秋篠宮さまが研究する鶏の親子が飾られている。人形の顔立ちなど、皇后さまが色々と気をつかって注文したという。
悠仁親王殿下の満一歳のお誕生日を心よりお祝い申し上げます。これからもお健やかに成長なされることをお祈り申し上げます。

そういえば去年のこの日、私は親王殿下お誕生のニュースに飛び上がって喜び、思わず万歳三唱をしたんでした。その直前には皇室典範改正問題が紛糾していて、皇統断絶の危機だとかなり気をもんでいましたからね。紀子様ご懐妊のニュースで一旦この問題が先延ばしになって、この時点ですごくありがたいことだったのに、さらに、お生まれになった新宮様が親王様だったのですから。まさに神の子、命が宿った時点ですでに皇室=日本を救った子なのだと思いました。ずっとずっと生きて、皇統の行く末をずっとお見守りして差し上げたいような気持ちになりましたよ。
スポンサーサイト
2007-09-06 Thu | 皇室関連 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。