上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
竹島は日本固有の領土です。


香椎は「フィオリーナの以心伝心 竹島プロジェクト2007」に参加しています。
スポンサーサイト
2007-02-22 Thu | 竹島問題 | TrackBack:0 | Comment:1 | Top↑
「・台湾の声」メルマガより引用いたします。

3月18日(日)、西日本台湾学友会が郭芝苑台湾音楽コンサート(入場無料・要予約)

 台湾の人間国宝、民族音楽の第一人者である郭芝苑作品の台湾音楽コンサートが3月18日(日)に福岡で開催される。このコンサートは日本の音楽愛好者に台湾の音楽を広く紹介し、台日文化交流、親睦を目的としており、入場料は無料となっている。

 作曲家の郭芝苑氏はかつて日本の音楽大学で学び、これまでに「台湾行政院文化賞」「台湾国家文芸賞」を受賞している。今回のコンサートでは台湾の「郭芝苑室内合唱団」のメンバーらが演奏する。

 当日は入場料無料のため、事前に予約が必要となっている。詳細は以下の通り。

日 時:2007年3月18日(日) 開場:PM 1:30 開演:PM 2:00

会 場:あいれふホール
 
   福岡市中央区舞鶴2-5-1 TEL:092-751-7778
    
【交通】地下鉄「赤坂」駅で下車し、3番出口より徒歩約4分
    
 http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/airef/access/access.htm

入場料:無料 (要予約・定員300名)

主 催:西日本台湾学友会

協 賛:(財)西日本国際財団

後 援:春日市、福岡市、(財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市教育委員会、

   台北駐日経済文化代表処

事務局:春日市平田台4-21-28 TEL&FAX:092-596-8724

    ※予約方法は当事務局へ往復ハガキにて申し込む(担当:柳原明子)
     平成19年2月28日消印有効。但し、満員になり次第締め切り
     往復ハガキの送付は1人1回のみ、入場券2枚までの予約が可能

    
【注意事項】

*往・復ハガキの裏に希望枚数、住所、連絡番号、氏名を正確に明記する
    
*当日、会場入口で返信ハガキと入場券を引き換える
最新鋭の米空軍戦闘機、ステルスF22Aラプターが、沖縄嘉手納基地に到着しました。

日本は、日米安保条約の下、アメリカと手を結び、アジアへ共産勢力が拡大するのを防いでおります。沖縄(と台湾)は、地政学的に見ると、中国に対する防衛線として最重要拠点です。従ってトップレベルの軍備が配置されるのは当然です。まあそんなわけで、日本も世界も共産主義国にしたくないし、台湾に対して軍事的圧力をかけ続けている中国にムカついている私としては、今回のラプター来日を大歓迎しております。
それとは別にステルス機はめちゃくちゃカッコイイので、単純に日本に来てくれて嬉しいです。
「南京大虐殺」の他に、中国と韓国が我が国に対して謝罪と賠償を求めている事項として「従軍慰安婦問題」がある。日本軍が、これらの国に駐留する際、現地の女性を略奪し、無理矢理日本軍専用の売春婦としたというものだ。しかしながら、「南京大虐殺」と同じく、「従軍慰安婦」も、実際は存在しなかった捏造事件である。
「慰安婦」というものは存在したが、日本兵が軍の命令で現地の女性を略奪したという事実は無い。ただ、日本軍の駐留先に、現地の女性を騙して売り飛ばす悪質な女衒が存在していた事は確かなようである(もちろんこの女衒は現地人である)。ちなみに軍が駐留する場所に慰安所を設けるのは、世界の常識である。

で、前置きが長くなったのですが、アメリカ下院で「従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議案」というものが通りそうらしい。私初めてこのニュースを知った時は、「日本が戦争に負けてやってきたアメリカ軍が、日本女性に何をしたと思っているのか」とモニタに向かってブチ切れましたわ。この決議案を提出したのはマイク・ホンダという日系の民主党議員ら。この決議案は、過去に8回も提出されながらことごとく廃案となっていたもの(8回出す方も出す方だ)。だから今回もそんなに大した事じゃないだろうという話でしたが、どうも今回は通ってしまいそうらしい。なんとかできないかと思い、メールなど送ってみるつもりです。
ぼやきくっくり | 【テンプレ】慰安婦決議案 米下院議員にメールを

下院議長のナンシー・ペロシ氏は初の女性下院議長。ちなみに民主党。
そしてこの決議案を提出した超党派の中心、マイケル・ホンダ議員。こちらも民主党。
この二人の背景には、SWC(サイモンビンセンタールセンター)という国際人権グループ団体がいます。
ペロシ氏はこの団体の後押しで下院議長となり、ホンダ氏はこの議会工作のエージェントだそうです。このSWCという団体の体質は反日の支那団体とのこと。
つまりアメリカにおける中国の反日工作が功を奏したのですな。中国の「とにかく日本を貶めたい」というブラックなパワーには本当に圧倒される。っていうかもう感心する。しかし感心しっぱなしでいるつもりは勿論ない。爺ちゃん達の名誉を汚されて黙っていられるかっつうの。
米下院慰安婦決議案・・・・SWCの影|きち@石根を参照しました)

米下院の議長以下全ての議員は、きちんとした歴史認識のもとに公平な判断を下す事を求めたい。
肇国(はつくに)の歌

文部省唱歌
初等科音楽(六年生用)


豊葦原の中つ国
行きてしらせよ 栄えよと
宣(め)らせ給へり 大神(おおみかみ)
げに天壌(あめつち)と窮(きわ)みなし
天津日嗣ぞ 神(かん)ながら

くしふる峯や高千穂の
雲押し分けて 皇孫(すめみま)は
天降(あも)りましけん その日向(ひむか)
げに海山とかぎりなき
慈(めぐ)みあまねく 代々坐(よよざ)しき

ああ橿原(かしはら)に宮居(みやい)して
一つの宇(いへ)と おほらかに
御稜威(みいつ)い照らす 八紘(あめのした)
その肇国のいにしへを
今に仰ぎて 大東亜
------------
今日は建国記念の日。戦前までは紀元節と呼ばれていました。

肇国(初国)とは、初めて造った国という意味。
日本神話に基づいて日本の成り立ちを歌っています。
梅と兵隊

作詞:南條 歌美
作曲:倉若 晴生
昭和16年


春まだ浅き戦線の
古城にかおる梅の花
せめて一輪母上に
便りに秘めて送ろじゃないか

覚悟を決めた吾が身でも
梅が香むせぶ春の夜は
戦(いくさ)忘れてひとときを
語れば戦友(とも)よ愉快じゃないか

明日出てゆく前線で
何(いず)れが華と散ろうとて
武士の誉じゃ白梅を
戦闘帽(ぼうし)にさして行こうじゃないか
艦船勤務

作詞:大和田健樹、佐々木 信綱
作曲:瀬戸口 藤吉


四面海なる帝国を
守る海軍軍人は
戦時平時の別(わか)ちなく
勇み励みて勉むべし

如何なる堅艦快艇も
人の力に依りてこそ
其の精鋭を保ちつつ
強敵風波に当たり得(う)れ

風吹き荒(すさ)び波怒る
海を家なる兵(つわもの)の
職務(つとめ)は種々にかわれども
つくす誠は唯一つ

水漬く屍と潔よく
生命(いのち)を君に捧げんと
心誰かは劣るべき
つとめは重し身は軽し

熱鉄身を灼く夏の日も
風刃身を切る冬の夜も
忠と勇との二文字を
肝に銘じて勉むべし
----------------
この歌は、私の中での好きな軍歌ベスト5の中に入っている。読むたびに「素晴らしい歌詞だなあ」と思う。歌い出すとたちまちテンションが上がる。歌詞を現代風にアレンジしたら、このままどこかの社歌にもなりそうだ。
日本再生ネットワークのメルマガより。
---------------
※下記の記事は、産経新聞の昨日の大阪朝刊にのみ掲載されていました。

◆土産「竹島ものがたり」商標登録 特許庁、一転認める

 (産経 07/1/30)

 日本固有の領土・竹島(島根県隠岐の島町)を冠したまんじゅう「竹島
ものがたり」をめぐり、「日韓両国に無用の混乱を招く」として商標登録
を認めていなかった特許庁が、一転して登録を認めていたことが29日、
わかった。

 出願者の反論を前に、自ら調べをやり直すことは異例で、同庁は「調査
不足だった」と審査の不備を認めている。

 申請したのは東京の菓子みやげ問屋「大藤」で昨年12月下旬、日韓両
国に混乱を招くため商標登録できないとする拒絶理由通知書を特許庁から
受け取っていた。

 通知に対する反論の意見書は1月末が提出期限で、同社が反論の準備を
進めていたところ、29日までに登録を認める「登録査定」が送られてき
た。

 登録査定には「拒絶の理由を発見しない」として、「登録すべきものと
認める」と当初と異なる内容が書かれていた。
takeshimamonogatari.jpg当然ですな。以前、特許庁が「竹島ものがたり」の登録商標を認めないというニュース(混乱招く…「竹島ものがたり」商標登録を拒否)を知った時に、特許庁に「特許庁は外交問題を考える機関ではない。また仮に考えたとしても外務省は明確に『竹島は日本固有の領土』という見解を発表しているのだからそれに倣うべき」みたいなご意見メールを送った身としては大変嬉しい事です。(ヘタレだからメールしかできない)

電話突撃なさった方のレポートはこちら。
この国は少し変だ!よーめんのブログ : 電突 竹島問題で特許庁

12個入り、840円で、問合せは、隠岐特産センター(電話08512-2-0787)。ぜひとも購入してみたいです。

↓竹島ものがたりってどんなお菓子?と思われた方はこちらをどうぞ。
竹島まんじゅう誕生…ようじで作った日本国旗入り
 仕掛け人は「純ちゃんまんじゅう」シリーズを手掛けた東京の菓子みやげ問屋「大藤」の大久保俊男社長(58)。地元のみやげ会社と協力して開発した。
 「ただのまんじゅうではつまらないから国旗を入れてみました。少しの主張も込めて。1000箱に1箱、韓国の国旗を入れようとも考えたんですが、さすがにやめておきました」
 韓国から批判が出る可能性については、「こんなことで目くじらたてないと思います」と余裕の表情を見せる。

社長、いいなあ(笑)。彼らのあまりの下劣さに、ついこちらも我を忘れてしまいがちですが、社長みたいにクールにユーモアを以って対応したいです。
2007-02-01 Thu | 竹島問題 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。