上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
佐賀県で開催される「第26回全国豊かな海づくり大会」に、天皇皇后両陛下がご臨席される事について、毎日新聞の記者が佐賀県知事へ質問してるんですが、もうすごいです。キモいです。県知事困ってます。
佐賀県知事公式サイトの質疑応答より一部抜粋。

行事に、天皇と皇后が佐賀に来ることの意味って何ですか。

このお二人が佐賀に来るということで。そこまでする価値があるんですかね。

来ることによって幾らだけ予算が余計にかかるんですか。

動画もありますが、記者の物言いが非常に不愉快で、途中で見るのを止めました。

なぜか彼はどれだけお金がかかるのかを妙に気にしているようだ。また、「陛下」をつけない、「この二人」呼ばわり、「来る」などの言い方をしている事から、天皇陛下に対して尊敬の念など微塵も抱いていない事が分かる。別にそれは人それぞれだからいいと思うのですが(まあ常識的にどうかと思うが)、問題は、マスコミが公共の場で個人的な思想に基づく特定の質問をしつこく繰り返して、結果的に個人の思想を主張してしまっているところだ。
毎日新聞の報道に対する姿勢とか、記者の教育はどうなってるの。
これは久々にキレさせてくれますなあなどと思っていたら…
わあーmumurさんとこですごい画像がアップされてるよー!
mumurブルログ
くそう、うまく伏字してあるから突撃したくてもできないよー(棒読み)
(試しに携帯に184つけてかけてみたら「おつなぎできません」と言うアナウンスが、184つけなかったら留守電でした)
スポンサーサイト
2006-10-30 Mon | 皇室関連 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
青年日本の歌(昭和維新の歌)
作詞・作曲/ 三上 卓

泪羅(べきら)の淵に波騒ぎ 
巫山(ふざん)の雲は乱れ飛ぶ 
混濁(こんだく)の世に我れ立てば
義憤に燃えて血潮湧く

権門(けんもん)上(かみ)に傲(おご)れども 
国を憂うる誠なし 
財閥富を誇れども 
社稷(しゃしょく)を思う心なし

ああ人栄え国亡ぶ 
盲(めしい)たる民世に躍る 
治乱興亡夢に似て 
世は一局の碁なりけり

昭和維新の春の空 
正義に結ぶ丈夫(ますらお)が 
胸裡(きょうり)百万兵足りて 
散るや万朶(ばんだ)の桜花
----------
本当は10番ぐらいまであるらしいのですが、4番まで。
最近映画「226」を見てから、ずっと頭の中でかかってる曲です。(映画自体は残念ながら良作とは言いがたかった)歌詞は分かりにくいですが、とても美しくて、いい歌だなあと思います。
腐敗した国を憂い、疲弊した民を思い、天皇陛下への偽りなき赤心から大御心を忖度した上での、青年将校達の決起。しかし結局は陛下おん自らから、「逆賊」と処断され、犯罪人として銃殺刑に処される。
彼らの純粋さ、それゆえの悲しさに、私はどうしようもなく惹かれるなあ。
ネット復活しました。よかったよかった。NTTのお兄ちゃんありがとう。
溜まりまくってたメールの中で、「復刊ドットコム」から、投票していた書籍が復刊したというお知らせがあったので、それを報告いたします。

「南京大虐殺」のまぼろし
なんか電話回線を解約してプロバイダに契約内容の変更依頼したのにまだつながってなくてもしかしたらモデム落っことしたからモデムが壊れてるのかも…みたいな感じで、ここ一週間以上ネットできていません。(今実家に来て親のPC使わせてもらってます(笑))
しかしネットできない環境にいると、普段いかにネットをダラダラとやって時間を無駄にしているかが分かりますね。ネット断ちもたまにはいいかもしれません。

昔のようにネットがない環境に戻ってみて改めて強く感じたのは、情報を得るツールがテレビや雑誌などの既存のメディアしかない事の恐ろしさです。メディアとは情報を国民に伝える機関ではなく、独自のイデオロギーを垂れ流す営利団体なのだということが、ネットによってある程度分かった今となっては、まさに「恐ろしい」と感じます。テレビの司会者、コメンテーター達が、我々国民よりもはるかに見識があり、そのために権威を持ち、我々国民の総意の代弁者または先導者をやってくれているかのような錯覚に陥ります。
ネットが普及する前はこの感覚を疑うことすらしませんでした。うーん恐ろしいことです。
2006-10-18 Wed | 日記 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
司法の歪みと対中外交を糾す決起集会

平成18年10月13日(金)
午後5時開場 6時開会
九段会館大ホール
入場無料
電話:03-3261-5521

登壇者
・渡部昇一(上智大学名誉教授)
・花田紀凱(「WiLL」編集長)
・黄文雄(評論家)
・稲田朋美(主任弁護士)

遺族
・野田マサ
・児嶋ミドリ
・エミコ・クーパー
・向井千恵子

主催 百人斬り訴訟を支援する会
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-16-5-302
TEL 03-3263-6041
http://www.mukai-noda.com/
--------
近くにお住まいの方はぜひご参加ください
第三者の手によって一方的に削除された博士の独り言様が再起されました。取り急ぎ、おめでとうございます。これからも応援しております(…と、ここでひっそり言ってみる)。一刻も早く犯人が見つかり、しかるべき処置が下るよう願います。

↓詳細はこちらです
この国は少し変だ!よーめんのブログ : 「博士の消されたブログ」まとめ
極右評論:なぜ消えた?『博士の独り言』
2006-10-02 Mon | 日記 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
ただいま、福岡市民会館であった「東條由布子、A級戦犯について語る」という講演から帰ってまいりました(`・ω・´)ゞ 
彼女の凛とした美しさ、強さ、あふれ出る知性と気品には以前から尊敬と憧れの念を抱いていたので、彼女の生の講演を聴く事ができて感激であります。いずれちょこっとレポートなどを書けたらよいなと思っています。
今日はもうダメ寝る

あと関係ないんですが叫ばせて…
クラプトン福岡にも来てくれえェェェェーーーーーっっ!!!
2006-10-01 Sun | 日記 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。